https://marine-world.jp

移動水族館教室を開催しました!

2019年6月11日、筑紫野市にある福岡視覚特別支援学校で移動水族館教室を実施しました。

移動水族館教室は社会貢献活動の一つとして、県内の海から離れた地域の小学校や、特別支援学校を対象に1999年より開催しています。水槽での生物展示や普段水族館でもあまりお目にかかれない動物の剥製や標本類、生き物の気持ちになれる?着ぐるみなどを持参し、生き物への興味、関心を高めるプログラムです。

 

今回は視覚特別支援学校での開催ということもあり、触れたり、音を聞いたりしながら生き物を身近に感じていただけるメニューをできるだけ多く準備しました。

生き物タッチコーナーでは、水族館のタッチプールでおなじみのヒトデやウニの仲間だけでなく、クラゲの仲間やウミガメ、深海生物のオオグソクムシなどに特別出演してもらい大人気のコーナーとなりました。はじめは怖がる様子の生徒たちも、ファーストタッチを済ませると積極的になったり、お気に入りの生き物はいつまでも触って観察している様子が見られました。

また、イルカの持つ「エコーロケーション」という音で物を見る能力の疑似体験や「音をアゴで聞く」という生態を糸電話で体験するコーナーでも、初めての体験に不安そうな様子を見せる生徒さんたちが見事イルカ並み?に体験に成功して喜んでいる姿は、こちらも大変うれしく感じました。

参加した生徒たちの楽しそうな笑顔が、私たちスタッフにとっては何よりの励みとなりました。

 

今後も移動水族館教室を通して、より多くの方に身近な自然や生き物への興味関心を持っていただければと思っています。

 

学習交流課 鈴木