https://marine-world.jp

オアシス水槽の三角関係

マリンワールドが2017年4月にリニューアルオープンしてから、一年が経とうとしています。新しくできた水槽も少しずつ改良を重ね、そこで暮らす生き物たちも、その環境に慣れてきたと思います。

2階のオアシス水槽には現在、1m前後の大きな魚が3種3匹入っています。リニューアルオープン当初からいるのが『メガネモチノウオ(通称:ナポレオンフィッシュ)』です。

その二ヵ月後の6月に仲間入りしたのが、『タマカイ』です。搬入から8月くらいまでは、お互いの体に小さな傷ができては治り…が続いていましたが、今では【ナポレオンフィッシュ>タマカイ】という力関係のもと、お互い程良い距離感で平和に暮らしています。

岩陰を使うタマカイと、それを見るナポレオンフィッシュ

 

そして2018年1月末に、全長1.2mの『ニセゴイシウツボ』も新しく仲間入りしました。ウツボは堂々と岩陰を陣取ってしまい、その行動にナポレオンフィッシュとタマカイの方が戸惑っていたのが印象的でした。

岩陰を陣取るニセゴイシウツボと、それを遠巻きに気にするナポレオンフィッシュとタマカイ

 

このまま【ナポレオンフィッシュ>タマカイ】の上にニセゴイシウツボが頂点に立つのかと思いきや・・・

ニセゴイシウツボの様子を伺うナポレオンフィッシュ

 

そこはやはり、オープン当初からいるナポレオンフィッシュの貫禄か威厳か、一ヶ月もすると、ニセゴイシウツボが隅でじっとする事が多くなりました。いまの関係性は、私は【ナポレオンフィッシュ>タマカイ>?=?ニセゴイシウツボ】と見ていて、今後のタマカイとニセゴイシウツボの関係が気になるところです。

この3種3匹の関係性から、今後も目が離せません。

最近はお互いの距離が近くなり、絶妙な三角関係です。

 

魚類課 太田